九州大学医学部 皮膚科学教室 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野

トップページ サイトマップ 関連リンク
TOP診療のご案内外来案内 > 皮膚科で診る主な症状と疾患のご紹介
 
診療のご案内 当教室のご案内 アトピー性皮膚炎に関する情報 油症に関する情報
[戻る]  
 

外来案内

 

皮膚科で診る主な症状

 
 
アトピー性皮膚炎 ●じんましん ●難治性湿疹 など

学会や厚労省のガイドラインの作成に関与しています。
適切にすばやくかゆみを和らげるようにしています。
光線療法も行います。
●アトピー性皮膚炎 ●じんましん ●難治性湿疹など
腫瘍、蓐瘡、やけど、潰瘍、外傷 など

悪性の腫瘍の外科治療、高度先進医療による診断、治療、難治性の潰瘍、やけどや外傷などの豊富な治療経験を持っています。
サージトロン(電気焼灼)も活用します。
●腫瘍、蓐瘡、やけど、潰瘍、外傷 など
皮膚がん 診断と治療の解説
New!!
赤あざ、黒あざ、美容、しみとり、美容脱毛 など

赤あざ、黒あざレーザー治療を行います。また、自費治療ですが美容皮膚科的な、しみとりレーザー、脱毛レーザー、若返りレーザーを行います。
●赤あざ、黒あざ、美容、しみとり、美容脱毛 など
乾癬、その他の炎症疾患 など

さまざまな外用療法とともに、光線療法を行います。シクロスポリン内服療法やレチノイド内服療法も行います。
●乾癬、その他の炎症疾患 など
膠原病、水疱症、自己免疫疾患 など

皮膚生検・蛍光抗体法による診断、内服療法による治療を行います。難治例では血漿交換も行います。
免疫抑制による治療も行います。
●膠原病、水疱症、自己免疫疾患 など
白斑、円形脱毛症、イボ、水虫 など

外用療法、光線療法などを行って難治性状態の治療を行います。水虫の内服療法も行います。
●白斑、円形脱毛症、イボ、水虫 など
 
  このページトップへ