九州大学医学部 皮膚科学教室 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野

トップページ サイトマップ 関連リンク
TOP当教室のご紹介医療教室・入局案内 > 九州大学皮膚科の特徴
 
診療のご案内 当教室のご案内 アトピー性皮膚炎に関する情報 油症に関する情報
[戻る]
 

医療教室・入局案内

 

九州大学皮膚科の特徴

 
 
1) まず臨床力=皮膚科診断力が身に付きます
皮膚科医にとって最も重要なのは目で見て診断がつけられるかどうかです。他科と異なり様々な機器を利用したり、血液データから診断することは少数と言っていいでしょう。その点、当科のスタッフは多数の症例を経験しています。従って、自ずと臨床力がついてきます。また、ほとんどすべての症例をカンファレンスで検討するため、自身の診断の確認・訂正が可能です。
2) 免疫・アレルギー・メラノーマ(腫瘍免疫)・色素異常症・真菌学・ ウイルス感染症・皮膚外科・美容皮膚科など研究分野が多彩
   
例) 福岡市内、石垣島アトピー検診
マウスモデルを用いたアトピー性皮膚炎の研究
悪性腫瘍における癌遺伝子、シグナル分子、転写因子検討
進行期悪性黒色腫に腫瘍特異的樹状細胞療法
他施設からの真菌同定の依頼
センチネルリンパ節生検(日本初の高度先進医療)
各種レーザー治療器、美容皮膚関連機器完備
3) 他大学に比べて皮膚外科色が強い。
院内に形成外科が存在しないため、形成外科診療班を併設。
実際に他大学皮膚科に比較して手術症例が多く、外科系に分類。
    年間手術症例数(手術室):  379件(最近1年間)と増加中
他科からの再建依頼も多い
 
  このページトップへ